>  > 北九州風俗店の使い分け

北九州風俗店の使い分け

条例で風俗店にシャワーの設置が禁止されているところなんかもあって、結局ソープランドが県内にないっていうところもある。たとえば、長野にはソープがない。北九州がある福岡県はその点、ソープランドもありーの、デリヘルもありーの、でいろんな業種がそろっているのがいいところだと思う。ただいろいろそろっている分、北九州でどういう風に風俗を使い分けをしようか迷っている人も多いんじゃないかと思う。個人的な体験だけど、こうやって使い分けてるよっていうのを書いてみる。まず、ソープランドだが、ここは「癒されたい」っていう癒しを求めているときに行く。雰囲気や技術に間違いなく癒されるし、基本受け身でもコースにのっとってコトが進んでいくのでラク。癒されたいっていうときも、けっこう疲れててほんとに体の疲れをとりたいんだよ見たいな場合は、一石二鳥をかねてアロマエステ型派遣でマッサージの上手い子を派遣してもらう。デリヘルの場合は、元気もあって遊びたいって感じの時ですかね。

北九州風俗の女の子の不思議

北九州では派遣型のデリヘルのレベルが高く、けっこう派遣型風俗店を利用するんだが、なぜデリヘルを利用するかといえばこっちが攻めることもできるから。どっちかっていうとSなので、女の子を攻めて、女の子が感じているのをみて興奮したい。そのほうが楽しい時間が過ごせると思うので。呼び寄せた女の子に最初は自分の体を触らせたりしてるんだが、途中でムズムズしてくるのですぐ女の子の体をタッチしにいくことになる。最初は背中や腕を触ってる感じにして、それからワキや太もも、おしり、首筋なんかをソフトタッチしていく。徐々にせめていって、おっぱい部分をもみだす。乳首からあそこへというパターンだけど、女の子のほうも「あん、あん」言ってくると「これはもうイカせなきゃ」となおさらがんばる。でイカセタ後、なぜか女の子は「先にイッちゃって、ごめん」って謝るんだけど、「謝んなくてもいいのに」っていっつも思ってしまう。むしろそこは「ありがと、気持ちよくさせてくれて」のほうがいいかなあ。北九州風俗はよく使うけど、ここらへんはいつも悩みます。

[ 2015-12-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談